辞めようと思った私が続けているわけ〜やりがい〜

岐阜市民 病院産婦人科 大野(旧姓 平工)由香

現在この文章を読まれている医学生の方、後期研修医の方へ。


産婦人科の仕事は、出産に関わり、かわいい赤ちゃんに触れられる、楽しいだけの仕事ではありません。大変です。辛いこともあります。
こう書いてしまうと、産婦人科医不足は解消しないかもしれません。


けれど産婦人科は、非常にやりがいのある仕事です。


私が産婦人科医として岐阜県で働くようになり、気がつくと10年以上が過ぎました。その間に辛いこと、悲しいこと、いろいろ経験してきました。
辞めようと思ったことも、何度かあります。


産婦人科とは。不妊症で悩む患者さんの、治療の末の妊娠を一緒に喜ぶこと。生まれたすぐの赤ちゃんの、元気な泣き声にほっとしつつ、喜びを分かち合うこと。自分が出産に立ち会った子に数年後に会い、成長を喜ぶこと。不正出血や過多月経、月経困難症などで苦しむ患者さんが、手術や薬物治療で症状が改善したことを喜ぶこと。閉経後の諸症状に合ったお薬を処方し、症状が改善したことを喜ぶこと。悪性腫瘍とも、患者さんと共に闘うこと。


辞めようと思った私も、先輩方の助言やサポートで、仕事を続けています。
そして女性の一生涯にわたり関わることができる産婦人科を選んで良かったと、思っています。


産婦人科は、現在全国的に人手不足に苦しんでいます。
将来的には、さらに厳しい状態となることが予測されており、残念なことに、岐阜県は特に深刻です。


しんどいですが、やりがいのある産婦人科。
そんなところで頑張ってみたいと思った方、産婦人科向きです。
この岐阜県で、産婦人科医として私達と一緒に頑張りましょう。
待っています。

夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ01
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ02
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ03
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ04
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ05
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ06
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ07
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ08
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ09
夢プロジェクト「ぎふの産婦人科医の魅力」岐阜県、産婦人科医、医学生向けイメージ10